So-net無料ブログ作成
検索選択

ロム交換 [カメラ]

この前、ジャンク品で購入した

SIGMA AF TELE 400mm F5.6の単焦望遠レンズ

ネットを徘徊しては見たものの、何の解決策もうまれず

メーカーでのロム交換という手段もすでに無理みたいだし

このまま、お蔵入りかなと思いつつ、時間だけが過ぎていきます





ところが

昨日、70-300mm DL MACRO SUPER を分解していた時に思った

分解8.jpg

もしかして、このロム使えないかなと

どうせこのレンズは、このまま放置か粗大ゴミだし

うまくいけば、500円が無駄にならずにすむかも

と思い

剥がしました

ROM4.jpg

両面テープで固定されていたので

簡単にペリペリと剥がれましたよ



次に、400mmのロムを取り出して見比べる

ROM1.jpg

単焦のレンズのロムってなんのために入っているんだ?

と疑問がわいた、固体識別の信号のためについてるのかな?

ズーム機能が無いから、信号はいらないし

露出やピントなんかは、カメラ任せ

いったい何のために・・・・て考えても仕方ないので

考えない事に




DLから外したロムは、そのままでは使えないので

邪魔なフイルム基盤を基盤から外して



外した基盤の接点には、300mmの位置に固定

しているように、模擬信号を出すためのジャンパー線をいれて

ROM5.jpg

後は、絶縁をするのに取りあえず、ビニールテープをはって

400mmに取り付けです

ROM2.jpg

固体自体がでかいので、収納スペースはある

適当に隙間に入れて基盤を固定

ROM3.jpg

これでよしと

後は、α100に取り付けて動作確認



見事に動きました

なんの問題も無く、AFまでしっかりと機能しました





さて、今回の作業で危険なのは

失敗すると、カメラとレンズ本体の電子部品が壊れる危険があります

そうすると、高額な修理費が発生するので、真似はしないようにしましょう














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。